おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

なぜ最悪の事態に

on 2014年8月3日

ベネッセの個人情報流出は、なぜ最悪の事態に成り得るのか ベネッセの個人情報流出は、最悪の事態を招く恐れがあると言われている。

個人情報流出なんて、実際にはしょっちゅう起こっているし、規模ではおそらくLINEが最大だが、なぜベネッセから漏れると最悪なのか。
それは対象が子供だからになる。 アメリカだったら、子供の情報が洩れたら誘拐ビジネスに使われたり、離婚した元パートナーに知られるとマズイというのがあるが、日本の場合はそうではない。 戦後日本における最も重大なタブーとは、誰が日系日本人で、誰は非日系なのかにある。
いわゆる在日さんには、通名利用の特権があり、あらゆる公文書を通名で書けるので、免許証でも預金通帳でも住民票でも判別できない。 パスポートは、一応本名を書くことになっているが、結婚前の戸籍名と併記でも良い制度なので、ここも自筆サインを通名で大きく書いておけば、注意深く見ないと本名は分からない。 絶対に本名じゃないといけないのは戸籍謄本で、これだけはさすがに通名は使えないので、よく結婚や遺産相続の時に実は・・・
というのがあって揉める元になる。 で、なんで子供の個人情報がまずいかだが、義務教育の小中学校の卒業証書は、なんと戸籍謄本と同じ名前で書かれている。


Comments are closed.