おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

オストラシズム

on 2014年7月19日

危機的な状況において、優れた英雄を活用したとしても、平時には『市民(自由民)の上に立つ僭主・特権階級』になる可能性があると して、

何度も陶片追放(オストラシズム)の制度によってアテナイの共同体から排除した。 アテナイは遂にローマ帝国のような帝政に移行することなく衰退していったが、有能で野心的な人物が頻繁に国家反逆罪の疑いを掛けられ追い出される こと(自分の能力・実績を大々的に示せば自由な市民の敵として扱われること)も、アテナイ弱体化の一因になった側面があるかもしれない。

映画ではテミスト クレスのその後までは扱われておらず、テミストクレスが説得に応じないアルテミシアを仕方なく殺して(潜在的にある二人のほのかな闇金相談 栃木恋愛感情・好意めいたも のも示される)、サラミスの海戦で有利な戦局となった辺りでエピローグに流れ込んでいく。

『300 ~帝国の進撃~』は、基本的な映像の雰囲気や戦士の戦いの描写は前作『300』の延長みたいな感じです。古代ギリシアの戦史などが好きであれば、フィクションの要素も含めて楽しめる仕上がりになっているかと思います。


Comments are closed.