おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

個人間だろうど集団間だろう

on 2014年11月18日

謝ってすむ問題と済まない問題、謝罪する側とされる側の気持ち、謝罪する?かしないか?という気持ち、許すか?許さないか?という気持ち、そういった複雑なファクターが絡みあった物がトラブルだと思います。

それは、個人間だろうど集団間だろうと一緒です。

今日はヤミ金から逃げる謝罪がこじれてしまった事象の話をします。

それは日本と韓国の関係です。

韓国は過去の植民地支配の責任がある謝罪をしろ、補償をしろと政官民一体で主張をしています。

植民地時代の待遇については、別として謝罪と賠償は済んでいます。

1965年、日韓基本条約、国交樹立と同時に結んだ条約です。

この条約で補償は成立、手を取り合って未来に向かうと約束しました。

しかしながら、大統領の支持率が落ちるとパフォーマンスで過去の歴史を叫弾し、芸能人が日本に進出する際も侵略というフレーズが流れたりします。

日本の総理や経営者が何度謝罪しようが「靖国に行ったから駄目」、「熱意が伝わらない」と一蹴されました。

はっきり言って向こうに許す気はありません。


Comments are closed.