おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

利用中の端末

on 2014年4月19日

分かりやすく言うと「回線」はフレッツ光などの場合の「光ファイバー」や、過去には「電話線」などを指していて

要するにあなたの住まいで利用中の端末とインターネットの利用が出来る環境をつなぐことになる道しるべとか管だと思っていただくといいでしょう。
2008年に発表された光ネクストっていうのはNTTが提供している、加入者とプロバイダーとを驚くほどハイスピードの日本中に張り巡らされた光回線を使って接続させるサービス。驚きの1Gbpsにも達する高速回線の接続を使うことが可能になっています。

簡単に説明すると結局ネットに利用者の端末を接続するサービスを利用者に代行して実施している企業などの組織を一般的にはインターネットプロバイダーとい う名前で呼んでいます。新たにネット利用を希望しているお客様は、選んだインターネットプロバイダーに依頼することでパソコン、スマホ、タブレットなどを ネットへ接続するためのいろいろな作業を全て代行してもらえます。

ご存知NTTによる光回線システムというのは、びっくりすることに北海道から南の限界は沖縄まで全部の都道府県に行き届いているのです。だから全国の47都道府県全てがNTTによる「フレッツ光」のサービスエリア内となっているのです。

従来からあるADSLと速いことで人気の光インターネットという二つの通信方法の一番重要な違いは、これまでにもあったADSLというのは電話回線を併用 していて、今度の技術の光ファイバーは、高速回線限定の電線を活用して信号を変換した光の点滅で非常にスピーディーにハイスピード通信を行っているので す。


コメントを残す