おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

利益や所得

on 2014年8月1日

行政側とすれば、上記の事情もあり、税率を上げれば単純に税収が上がるといった単純な話ではありません。
税率を上げた数年は税収は上がるかもしれませんが、

マクロで考えた場合、経済規模が縮小するわけで、企業の利益や所得が減れば徴収出来る税金も減るわけで、結果的には税収が減る結果に終わります。浮気調査 広島歳出面でも民間企業の活動が活発でなければ、経済対策での歳出や、失業者が増えれば、失業対策や生活保護といった形で、歳出圧力となります。 また、経済状況が悪化すれば、経済苦による犯罪が増える可能性もあるわけで、治安のためのコストも膨らむことも確かでしょう。 行政側の全体的な影響として、増税すると税収が下がり、歳出が増えるという結果となります。 生産能力がなく、売る物がない(売れるものがないではない)状態でのインフレ状態の場合は、増税という政策も間違ってはいないが、そうでない状態での増税の場合は話は別です。 国も民間も普通に考えた場合、デフレ下の増税に何のメリットがあるのか??と思うわけです。


Comments are closed.