おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

昆布で育つ

on 2014年12月14日

カニ全体では特別大きくない種別で、中身の密度もやや少ない毛ガニではありますが、身は甘さを感じる事が出来るはっきりした味で、カニみそも濃い目で「カニ好き」が評価していると推定できます。

花咲ガニは昆布で育つため凄く味を際立たせる出汁となるので、鍋に入れても最適です。捕獲量は本当に少ないので、道外の地域のカニ販売店では実際にはあまり出回ることがありません。

今はかにの種類やパーツに関しても記載している通信販売のサイトもあるので、カニの王様タラバガニのことについて多少でも学ぶために、そういった知識に着目するのも良いと思います。

ボイル調理された濃厚な身の花咲ガニは自然解凍してから二杯酢で楽しむのはおいしいこと請け合いです。または解凍されたカニを、簡単に炙ってからいただいても抜群です。

花咲ガニについては、水揚が短期のみで(夏の初めから終わり頃まで)、なので新鮮な旬の時期でしか味わえない蟹の代表的なものなので、食べるチャンスがなかったと言う方も結構いるようです。


Comments are closed.