おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

構築

on 2017年5月19日

ハーバード大学医学校の研究によると、通常のコーヒーと比較して1日2カップ以上デカフェコーヒーを代用することで、直腸癌の発生リスクを約半分も減らせたらしい。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関係している特別な酵素や、細胞・組織の入れ替わりに関係している酵素など、約200種類以上もの酵素を構築する物質として絶対に外せないミネラルの一種です。
ダイエットに勤しむあまり1日の総カロリーを抑制する、食べる量を落とす、こうした生活のスタイルがひいては栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを齎していることは、多くの先生方が言われていることなのです。
花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜しっかり眠れないと、それが災いして慢性の睡眠不足に陥り、次の日起床してからの業務内容に悪影響を与えることも考えられます。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を悪化させたり突然変異を誘引する悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で解毒し、肝臓の機能性を良くする力が判明しています。
チェルノブイリ原子力発電所事故の被害者の追跡調査のデータによると、大人に比べて体の小さい未成年のほうが風に流されてきた放射能の良くない影響をより受容しやすくなっていることが理解できます。
頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間で緩衝材みたいな役目をしている椎間板(ツイカンバン)という名前のやわらかい円形の組織が飛び出してしまった症例の事を称します。
クモ膜下出血とはほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管にできる不要な瘤(こぶ)が裂けてしまうことが理由となって発病する深刻な脳の病気だという知識を多くの人が持っています。
加齢に伴う耳の遠さでは時間をかけて聴力が低下するものの、一般的に60歳過ぎまでは耳の衰退をはっきり自覚できないものです。
汗疱(かんぽう)とは主に手のひらや足の裏、指と指の間などに小さめの水疱ができる病気で、普通は汗疹(あせも)と呼び、足の裏に出来ると水虫と思い込まれる場合が結構あります。
心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が狭まって、血流が途絶え、大事な酸素や栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞そのものが死ぬという恐ろしい病気です。
基礎代謝量というのは目覚めている覚醒状態で生命を保つ(心臓、口からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために必ず要るミニマムなエネルギー消費量のことを言います。
いんきんたむしというのは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)と言われている、カビの一種である白癬菌が股部や陰嚢、臀部などの部分に何らかの理由で感染してしまい、定着する病気の事で水虫です。
2005年2月1日以後新しく全ての特定保健用食品の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の一文の記載が食品メーカーに義務付けられた。
日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、3〜4日きちんと服薬すれば、一般に9割近くの患者さんの自覚症状は治まりますが、そうは言っても食道粘膜の炎症反応自体が快癒したとは断定できないのです。


Comments are closed.