おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

毛細血管

on 2014年6月30日

顔に化粧水をしみこませるやり方として、基本的に100回掌全体でパッティングするという方法があるようですが、このようなケアはやめておきましょう。

特に肌が敏感な方は毛細血管を痛め肌の赤みの強い「赤ら顔」のきっかけとなることもあります。
大人特有の肌トラブルを引き起こす多くの原因はコラーゲンの量の不足によるものなのです。皮膚の真皮層のコラーゲン量は年をとれば減少し、40代にもなれば20歳代の頃のおよそ50%くらいしかコラーゲンを合成できなくなります。

最近耳にする美容成分セラミドは、肌の新陳代謝の過程で生まれる“細胞間脂質”のことで、約3%の水を保有し、角質層の細胞を接着剤のように接着する重要な働きを有しているのです。

普通女の人は洗顔ごとの化粧水をどのような方法で用いているのでしょうか?「手でじかに肌につける」との回答をした方が圧倒的に多いという結果になって、コットンを使う方は少数ということになりました。

美容に詳しい人のアドバイスとして「高価な化粧水をちまちま使うのは不正解」「豪快にたっぷりと使って潤いを与えたい」という話を聞きますね。間違いなく洗顔後につける化粧水の量は少なめにするより多めの方が肌のためにもいいです。


コメントを残す