おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

無論

on 2017年5月1日

我が国における結核への対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に従う形で進行されてきましたが、半世紀が経過した2007年からは結核以外の感染症と同様に「感染症予防法」に沿って実行されることに決定したのです。
肥満(obesity)は無論摂取する食物の内容や運動不足などが主因ですが、量の等しい食事であったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続ければ脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなるということが明らかになっています。
日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが体に吸収されるのを支える性質で有名であり、血中のカルシウムの濃度を調整して、筋繊維の活動を適切に調整したり、骨を作ったりします。
UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特性があるため大気中に存在しているオゾン層で一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊するなど、皮膚に良くない影響をもたらしています。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症を筆頭に多様な疾病の原因となる可能性があります。
子どもの耳管の作りは、大人のそれと比較すると幅がある上に短めで、加えて水平に近いため、バイ菌が侵入しやすくなっています。大人より子どもの方が急性中耳炎にかかりやすいのは、これが原因です。
前触れもなく発症する急性腸炎は、通常は腹部の痛み・嘔吐・下痢を伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染によるものの場合は強い腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高熱も出るのが特徴だといえます。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、仕事などのストレス、高齢化といった様々な因子が混ざり合うと、インスリン分泌が少なくなったり、働きが落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病します。
肝臓を健康に保つには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低くならないようにすること、別言すると、肝臓のアンチエイジング術に地道に取り組むことが効果的だと考えられます。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する特徴があるナイアシンは、苦しい宿酔に極めて有効です。不快な宿酔の元凶物質であるエチルアルデヒドという物質の無毒化にも関係しているのです。
悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、普通、人間の体を癌にさせない働きを持つ物質を創造するための型である遺伝子の不具合により罹患してしまう病気だというのは周知の事実です。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、患者が「せき」をすることによって外気や内気に排出され、空中にフワフワ流されているのを他人が呼吸しながら吸い込むことで拡がります。
通常の場合骨折は起こさない位の小さな圧力でも、骨のある定まった所に繰り返してひっきりなしに力が加わることで、骨が折れてしまう事もあり得るようです。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横臥位でじっとしていても燃えてしまう熱量のことであり、その大部分を全身の骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で使っていると言われているようです。
杉花粉症などの病状(鼻水、酷い鼻詰まり、クシャミなど)のために夜間よく眠れない場合、それが引き金となって睡眠不足に陥り、次の日の業務内容に悪いダメージを与えることも考えられます。


Comments are closed.