おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

痛みを抑制

on 2014年4月14日

もう永久歯の表面を覆っている骨を脆くさせるほど進んでしまった歯周病は、多分症状そのものが和らいだとしても、失ったエナメル質が元通りになることは無いに等しいのです。

セロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調整したり痛みを抑制し、様々な分泌物質の覚醒などを司っていて、気分障害(鬱病)に罹患している人はその働きが弱いことが証明されている。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではなく覚醒状態で生命を保っていく(心臓の鼓動、呼吸、腎機能、体温や筋肉の緊張のキープなど)のに外せない最も小さいエネルギー消費量のことなのです。
よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が狭まってしまい、血流が途切れ、大事な酸素や栄養を心筋に配達できず、ほとんどの筋繊維が死んでしまう危険な病気です。

薬や酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品の添加物等を特殊な酵素によって分解し、無毒化する作用を解毒(げどく)と言い、多機能な肝臓の果たす大切な任務のひとつです。


コメントを残す