おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

結果的に売り上げと収益

on 2014年12月3日

差異があるからこそ、最低限のルールを定め、労働市場や雇用環境の公平性と安全性を保つために労働諸法があります。

共産主義ではないので、企業に雇用維持や教育、社会保障や生活保障機能を持つ社会的義務はありません。 いわゆるブラック企業が批判されるのは労働諸法をはじめとする各種法律に反するという、ルール違反を行っているからです。
人も採用せず教育もせず、その結果事業が先細り組織が衰退し、結果的に売り上げと収益双方が減って、最後は倒産したとしてもそれは社会的義務違反を犯したのではなく、 格安コンタクトレンズ通販単にその企業の寿命が尽きたというだけです。 企業が「貴方」を採用する義務はありません。
求められていない労働価値を無理やり売り込むのは押し売りです。 自らの市場価値を高めることなく、押し売りを当然のものとして押し通すのは、ブラック求職者ではありませんか? 公平で適切な採用環境とは、労使双方が「それぞれの立場で」公平な条件の下で行われるものです。


Comments are closed.