おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

網羅性の高い

on 2014年4月20日

2006年度(平成18年)から、行政書士試験システムに関しては色々訂正されました。例えば法令科目が重んじられるようになりまして、択一式の試験問題や記述式(論文)での問題のような今までには見られなかった新傾向問題も登場し出しました。

網羅性の高い頼れる教科書の中であろうと記載されていない知識が求められる問題なんかは、サッパリとギブアップするのもいいでしょう。割り切る姿勢も難易度が高いレベルの税理士試験におきましては重要とされます。
著しく高難易度の試験に関係無しに、各科目ずつその都度受験することが可能であるから、そのため税理士試験は毎年毎年最低5万名以上もの方が揃って受験する人気が高い試験なんです。

実際に税理士試験では1つの教科毎で2時間ずつしか受験の時間が割り当てられていません。決められたタイムリミット内で合格域に入る点数を出さなければならない為、当然ながら迅速さは求められます。

現今の司法書士試験については、実際記述式の問題だけしか無いものであると思っていいです。何故なら、面談での口述試験については、よっぽどの事が無い限り不合格扱いにならない試験となっているためです。


コメントを残す