おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

翻訳の努力

on 2014年9月29日

100ページ以上ある 英語の論文を ポンと机の上において 「これ 1週間で 翻訳できる? 秀才の君ならできるよね?」と ゴンチャロフの大きなお菓子を持ってきて 頼んでくる。

一生懸命に翻訳したら 彼は それを発表した。いわく「先生が 翻訳の努力のあとがみえる。良く頑張ったね」と。 もちろん 卒論も 私が書いた。
大学教授は 笑いながら 「これ 〇〇君が書いたんだろう?」と・・そういうおおらかな時代だった。
で 彼は 超可愛い某女子大生たちと とっかえ ひっかえ遊んでいた。
なぜか? 蟹 通販 おすすめ大勝負になると 今でも 突然 電話がかかってくる。 私が 大病して入院すると突然現れて 冗談を言って帰っていった。 でも 真剣に 僕の病状を心配をしていた。それがよくわかる。
だから 今でも 彼とは 付き合いをしているんです。 今回の話は 日本の将来を大きく変えるかもしれない話。
私は 二つ返事で 承諾した。 20年ほど前は 2年後輩の某女史から電話があった。 「〇〇先生 紹介してもらえない? 先輩の結婚式に出たんでしょう?」 と。 で いろいろと彼女の応援をした。 彼女は その後 議員になり 大臣になった。 私の友人の元カノという 関係です。w


Comments are closed.