おにぎりの義理

おにぎりの具は鮭にかぎるね

胸のムカつき

on 2017年7月14日

杉の木の花粉が飛散する時節に、まだ小さな子どもが体温はいつも通りなのに頻繁にクシャミをしたり水のような鼻みずが止まる気配をみせない症状に当てはまったら、残念ながら『スギ花粉症』の恐れがあるかもしれません。
眩暈がなく、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴だけを何度も発症するケースを「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病」という呼称で呼ぶこともあることは意外と知られていません。
複雑骨折によりかなり出血してしまった状態だと、急に血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、立っていなくても起こる意識消失などの脳貧血が誘引されるケースがあります。
ハーバード大学医学部(HMS)の調査結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日2カップ以上はノンカフェインコーヒーに変えることで、なんと直腸ガンの危険性を約5割も減らせたらしい。
春に患者が増える花粉症とは、森林の杉や檜、蓬などの大量に飛散する花粉が元凶となって、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を招く病気だということができます。
音楽の公演の開催されるホールや踊るためのクラブなどに設けられている特大スピーカーの近くで大きな音を聞いて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性聴器障害」と呼んでいます。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もせずに動かなくても使ってしまうエネルギーのことですが、大半を全身の骨格筋・最大の臓器である肝臓・頭部の脳の3つで使うということはあまり知られていません。
自転車の転倒事故や山での転落など、かなり強い負荷が体にかかった場合は、複数の部分に骨折が発生してしまったり、開放骨折に至ったり、重症の場合は臓器が破損してしまうこともあるのです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるので大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮内で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊させたりして、皮ふに悪い影響を与えます。
高血圧(hypertension)の状態が長く続くと、身体中の血管に強い負荷がかかった挙句、頭頂からつま先まであちこちの血管に障害が巻き起こって、合併症を誘引する公算が高まると言われています。
今、比較的若い世代で結核(けっかく)に抗える免疫力(抵抗力)を持っていない人々の割合が高くなっていることや、受診が遅れることが誘因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増加傾向にあります。
高熱が特徴のインフルエンザに対応する予防方法や手当を含めた基本の措置自体は、それが例え季節性インフルエンザでも未知なる新型のインフルエンザであってもほとんど同じです。
大体は水虫といえば足を思い浮かべ、特に足の裏や指の間にみられる皮膚病だと考えられていますが、白癬菌にかかる場所は決して足だけではなく、体のありとあらゆる部位に感染するという危険性があります。
男性だけにある前立腺という臓器はその成長や活動にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても大きく関係していて、前立腺に出現した癌も同じく、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに刺激されて肥大化してしまいます。
70代以上のお年寄りや慢性的な病気を患っている方は、より肺炎に弱く治るのに時間がかかる特徴があるため、予め予防する意識や迅速な治療が肝要なのです。


Comments are closed.